アニヲタ魂:TOPページへ

ようこそ!サンクチュアリへ

「アニメは4話見てから評価すべし!」が私の座右の銘。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投票します ランキング投票にご協力ください。
第一話「君は物のために死ねるか!?」

NHKのBSで放送しているアニメ。

たしか「週刊モーニング」で連載していた記憶がある。
ここ1年あまり、モーニングは面白い漫画がないので購入していないけど。

「へうげもの (ひょうげもの)」とは「ひょうきん者」のような意味らしいです。

NHKアニメワールド「へうげもの」
へうげもの - 第1話

へうげもの(1) (モーニングKC (1487))へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
(2005/12/22)
山田 芳裕

商品詳細を見る


へうげもの - 第1話
戦国の世、近江の国 安土の地にて重苦しい雰囲気の中、軍議がおこなわれていた。

主人公は「古田左介」という武将。織田信長に仕える。
後世には「古田織部正重然」という名で武芸ではなく、利休と並ぶ茶人として有名な人物。

古臭い武士道を嫌い、非常に物の価値を知る。



投票します ランキング投票にご協力ください。
へうげもの - 第1話
ノブナガはイラ立っていた。
またもや松永久秀が裏切って城に立て篭もっていたのであった。

ノブナガは息子に進軍させ、城を包囲した後、
フルタに降伏の使者として交渉するよう命令する。
マツナガの持つ名器「平グモの釜」を差し出せとの降伏の条件を付けて。

へうげもの - 第1話
それから2ヵ月後、マツナガの城はノブナガ軍に包囲される。
フルタは降伏するよう説得する使者として入城。

マツナガと対面したフルタだったが大の物好きで、
ウワサの「平グモの釜」が置いてあるのを見て交渉そっちのけで目を奪われる。

そうしている間に、羽柴秀吉が城に攻め入り、マツナガの元にやってきた。

へうげもの - 第1話
フルタは、その場を追い出されて城を出る。

すると天守閣からマツナガが釜を胸にぶら下げて現れる。
釜には火薬が入れられており、火をつけてマツナガは爆死!

爆風で飛んできた釜のフタを必死に追い駆けるフルタ。

へうげもの - 第1話
後日、フルタは神妙な顔をして、
壊れた釜のフタの破片を差し出し、ノブナガに報告する。

その顔を見たノブナガは大笑いして、恩賞としてフタの破片を与える。

へうげもの - 第1話
平グモの釜(フタの破片)をもらい満足なフルタ。

それからしばらくして、鉄船の出航式に参加するフルタ。
鉄船の迫力に驚愕!!

自慢げのノブナガに対して、商人の一人が愚痴を言うと、
ノブナガはバッサリと切り捨てる。

その後で、フルタに平グモの釜より鉄船の方が価値があるだろと問うと、
カタナを構えているノブナガに対して、フルタは冷静に物の大小が物の価値ではないと答える。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:へうげもの - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atoniwota.blog73.fc2.com/tb.php/2363-8703d4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。