アニヲタ魂:TOPページへ

ようこそ!サンクチュアリへ

「アニメは4話見てから評価すべし!」が私の座右の銘。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投票します ランキング投票にご協力ください。
第13話「ムムム~ン!セイレーンとハミィの秘密ニャ♪」

「ミューズ」はセイレーンじゃなかったみたい orz


朝日放送
東映アニメーション

プリキュアぴあ (ぴあMOOK)プリキュアぴあ (ぴあMOOK)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る


スイートプリキュア♪ - 第13話
マイナーのアジトにセイレーンが荷物を整理に帰って来た。
バスドラは裏切り者と罵り、メフィスト様もキュアミューズではないかと疑う。
セイレーンは全力で拒否したが、そのままアジトを出て行く。

公園で、偶然にもハミィとセイレーンが出会う。



投票します ランキング投票にご協力ください。

スイートプリキュア♪ - 第13話
ハミィはキュアミューズなのかセイレーンに問うが答えはNo!

ヒビキとカナデも合流して、昔の話をハミィがする。
小さい頃からセイレーンが優秀な歌い手で、
それでもヘタなハミィと仲良く一緒に練習していた良い子だった。

今年の歌い手を決めるコンテストの募集が始まり、
初めてハミィは出場することを決める!

セイレーンは仲良く一緒に練習すれば、
必ずハミィはセイレーンを頼って実力が発揮できないと
2匹は別々に練習するよう約束する。

ところがテーマ曲が発表される日。
ハミィは寝坊して、テーマ曲の楽譜がもらえなかった。
そこを仲間のディーファが楽譜を渡す。
親切を装ってニセモノの楽譜。
誰にも聞かれない様に練習するよう進言。

ハミィは一人で練習。
そうしてコンテスト当日になる。
そこで初めて楽譜がニセモノだとセイレーンに教えてもらう。

その後、必死で練習のハミィ。

スイートプリキュア♪ - 第13話
試験の順番が来て、緊張しながらも見事な歌声を披露。
その歌声はセイレーンをも感動させた。
当然、この年の歌い手に選ばれる。

ハミィの「親友」という言葉に涙するセイレーン。

スイートプリキュア♪ - 第13話
そこにネガトーンが現れたと騒ぐ人が出てきて、
ヒビキ、カナデ、ハミィは助けに行く。

残ったセイレーンの前にディーファが現れる。
あのコンテストの日、ハミィがアフロディーテに
セイレーンがニセの楽譜を告げクチして、セイレーンは落とされたと言う。

セイレーンは信じなかったがメフィスト様が現れ、急激に洗脳した。
ハミィを憎む悪しきセイレーンに変貌。
そのままプリキュア討伐へと向かう。

スイートプリキュア♪ - 第13話
マイナートリオの2人にダマされたヒビキたち。

セイレーンも現場に到着し、ネガトーンを呼び出す。
2人はプリキュアに変身!!

ネガトーンの攻撃に2人は翻弄され、態勢が崩れたところに
セイレーンのトドメの一撃が飛ぶ!

スイートプリキュア♪ - 第13話
それをキュアミューズが防ぐ。

態勢が整いプリキュアの反撃が始まる。
最後は、3拍子でネガトーンを倒す。

落ち込むハミィは夜に月をみつめる。
そして、別の場所で同じくセイレーンも月をみつめる。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スイートプリキュア♪ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atoniwota.blog73.fc2.com/tb.php/2330-c2de9388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。