アニヲタ魂:TOPページへ

ようこそ!サンクチュアリへ

「アニメは4話見てから評価すべし!」が私の座右の銘。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投票します ランキング投票にご協力ください。
これは個人的な記事です。
興味がなければ無視でお願いします。


【 ブルーレイのフォルダ構成 】

アニヲタ魂20110702

BDMV/AUXDATA (*)
BDMV/BACKUP/BDJO (*)
BDMV/BACKUP/CLIPINF
BDMV/BACKUP/JAR (*)
BDMV/BACKUP/PLAYLIST
BDMV/BDJO (*)
BDMV/CLIPINF
BDMV/JAR (*)
BDMV/META (*)
BDMV/PLAYLIST
BDMV/STREAM
CERTIFICATE/BACKUP

基本、上記のフォルダ構成が推奨!

(*)の印があるフォルダは省略されていることがある。
このフォルダがなくても良いが再生機器によっては再生できない場合がある。
フォルダの中身が空で作成しても問題ない。(もともとデータが無いことが多いので)


ブルーレイの焼き方を下に続けて書く。



投票します ランキング投票にご協力ください。
【 ブルーレイの焼き方 】

ImgBurn」という、ほとんどの人が知っている定番フリーソフトを使用。
これでブルーレイも焼けちゃいます。

開発者はイギルスの人のようですが日本語パッチもあります。
中学1年生レベルの英語力であれば、わざわざ日本語化しなくても良い。
って言うか最新版にアップデートすると日本語パッチが間に合わないというのも理由。

アニヲタ魂20110702
まず、ハードディスク上にあるブルーレイのデータを ISO化。
「Create image file from files/folders」のボタンを押す。

上の訳は「ファイル、フォルダのイメージファイルを作成」って感じだと思う。

アニヲタ魂20110702
重要点は、[Option (オプション)]タブにある以下の項目。

(1) [File System (ファイルシステム)]の項目で "UDF" を選択。
(2) [UDF Revision (UDFリヴィジョン)]の項目で "2.60" を選択。

UDFとは世界標準のディスクフォーマットの決め事みたいな物。
「1.02」が DVD、「2.50」、「2.60」がブルーレイ。
「2.50」でもブルーレイとして再生可能であるが一部で再生できない機器もあるという。

あとは「Souce (元ファイル、フォルダ)」欄へエクスプローラからドラック&ドロップ。
「Destin ation (イメージファイルの作成先と名前)」を入力!

忘れずに[Labels (ラベル)]タブにある[UDF]欄にボリュームラベル名を入力!

画面左下の絵ボタンを押下すれば、イメージファイル(.iso)が完成!


完成したイメージファイル(.iso)をどう使うかというと、
DAEMON Tools (デーモンツール)」と呼ばれる名前からして怪しげなフリーソフトを使う。

アニヲタ魂20110702
4種類くらい製品がありますが、「DAEMON Tools Lite」を「ダウンロード」します。
他の製品はダウンロードは無料ですが、20日間の評価期間の後で支払いが必要になります。

このソフトは、イメージファイル(.iso)を仮想ディスクドライブとして使えるようにしてくれます。
有料版は、この仮想ドライブできる数が増えるだけで機能的に差異は無い。

アニヲタ魂20110702
インストールすると、右下のタスクバーにアイコンが現れます。
アイコンの上で「右」クリックするとメニューがでてきますので、
「仮想デバイス」→「デバイス0」→「イメージのマウント」を選択し、イメージファイル(.iso)を指定します。

すると新しいブルーレイ ドライブが認識されます。
PowerDVDなどのブルーレイ再生ソフトなどで、そのドライブを選択すると再生できます。
ま、PowerDVDの場合、挙動をおかしく認識しない場合も多々ありますが、
何度やっても再生できない場合はフォルダが足りないなどの原因が考えられます。


ちょっと面倒な手順を踏みましたが、
安くなったとはいえ、ブルーレイ メディアは高価なので、
仮想ドライブで再生できることを確認して、焼いた方がコスト安です。

アニヲタ魂20110702

最終的にイメージファイルからブルーレイ メディアに焼きます。
「Write image file to disc」ボタンを押します。

上の訳は「イメージファイルをディスクに書き込む」って意味だと思う。

アニヲタ魂20110702

「Souce (イメージファイル)」欄でイメージファイル(iso)を選択、
「Destin ation (ブルーレイ ドライブ)」欄でドライブ選択。
(もちろん、ドライブには空のメディアを挿入してください)

画面左下の絵ボタンを押下すれば、メディアに書き込まれて完成!

最終確認で、実機で再生できれば終わりです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:備忘録 - ジャンル:日記

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atoniwota.blog73.fc2.com/tb.php/2254-10f26fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。