アニヲタ魂:TOPページへ

ようこそ!サンクチュアリへ

「アニメは4話見てから評価すべし!」が私の座右の銘。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投票します ランキング投票にご協力ください。
涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]
(2010/12/18)
平野綾、杉田智和 他

商品詳細を見る


涼宮ハルヒの消失
部室にSOS団のメンバーが揃った時、自動的にパソコンの電源が入る。

その画面には長門(ココとは別)からの通信だった。



投票します ランキング投票にご協力ください。
涼宮ハルヒの消失
長門のメッセージで、元に戻せるプログラムを起動するか問われる。

普段は、現在の普通の生活を望んでいたキョンだったが
悩みに悩んで、前の世界に戻れることを選択する。

そして、気が付くと一人だけ部室にいた。
今がいつなのか確認すると、3年前の7月7日。

涼宮ハルヒの消失
それは、以前に来たことのある時空間。

公園には、前にいた自分を発見!
前の自分がいなくなるのを待ち、大人バージョンのミクルに声を掛ける。

涼宮ハルヒの消失
事前に出会うことをしっていたミクルはキョンの手助けを引き受ける。

その為には、長門が必要だとマンションに行く。
長門に事情を話し、元に戻れる手段を聞く。

ミクルの表情には、全てを知っているかの振る舞いであったが
キョンには決して何もしゃべる様子もなく、ただ黙って聞いていた。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:涼宮ハルヒの消失 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atoniwota.blog73.fc2.com/tb.php/2189-88d04c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。