アニヲタ魂:TOPページへ

ようこそ!サンクチュアリへ

「アニメは4話見てから評価すべし!」が私の座右の銘。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投票します ランキング投票にご協力ください。
第1話「第遺血話」

昔、少年ジャンプで「封神演義」を描いていた「藤崎 竜」先生の漫画をアニメ化!!
原作は「十二国記」や「ゴースト・ハント」の著者で知られる「小野 不由美」先生です。

ま、ハッキリ言えば、「ひぐらしのなく頃に」のような
小さな田舎町で奇妙な事件が起こるといったお話です。

TVアニメーション「屍鬼」公式サイト
屍鬼 - 第1話

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
(2002/01)
小野 不由美

商品詳細を見る


屍鬼 1 (ジャンプコミックス)屍鬼 1 (ジャンプコミックス)
(2008/07/04)
藤崎 竜

商品詳細を見る


屍鬼 - 第1話
8月の「外場村」という田舎町。
この田園風景とはミスマッチな服装の「清水 恵 (しみず めぐみ)」
都会に出てアイドルになることを夢見る。

メグミの楽しみと言えば、
村にある西洋風の大きな洋館の住人の存在と、
最近、都会から引っ越してきた「結城 夏野 (ゆうき なつの)」の存在。



投票します ランキング投票にご協力ください。
屍鬼 - 第1話
8月6日、村の山入地区で事件が起こる。
2軒の家で3人の老人が死亡しているのが発見される。
発見者は寺の副住職「室井 信明 (むろい しんめい)」

2人は数日前にバラバラになって死んでおり腐敗が進んでいた。
(死因は野犬の仕業などなど不明)

奇妙なコトは、もう一人は最近、死亡(自然死)しているが
先に亡くなった同居の夫の死体と数日を一緒に生活していたことだった。

それから2日後。
事件は新聞に載り、村中が知ることとなる。

屍鬼 - 第1話
翌日、8月9日の深夜。
大きな洋館の住人が引越ししてくる。

メグミは足長おじさんのような出来事が起きないかと、
いつものように洋館を眺めていた。

屍鬼 - 第1話
村仲間の「田中かおり」に洋館の住人が
引っ越してきたことを聞き、メグミは洋館の方に近づいてみる。

館の側に近づくと、中から覗かれる視線を感じるメグミ。
すると館の門が開き、中から何者かが出てくる。

。。。。。。。。。

屍鬼 - 第1話
夜になるがメグミは家に帰って来ず、
村の消防団が中心となって山狩りが始まる。

屍鬼 - 第1話
メグミは衰弱しきって倒れているところを発見され、家で養生する。
数日経っても回復せず、8月15日に死亡した。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:屍姫 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atoniwota.blog73.fc2.com/tb.php/2008-f3b1073e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。