アニヲタ魂:TOPページへ

ようこそ!サンクチュアリへ

「アニメは4話見てから評価すべし!」が私の座右の銘。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投票します ランキング投票にご協力ください。
第1話「絶刀・鉋」

ライトノベル作家の「西尾維新」さんの作品。
去年あったアニメ「化物語」の作者でもあり、
「西尾維新アニメプロジェクト」という企画で「化物語」に続くアニメ化 第2弾!

放送日程は、非常に珍しく一ヶ月に1話ずつ。放送時間は1時間。
恐らく全12話あると思われるので、すべて放送されのに1年かかります。
現在、6話まで放送されてます。

ジャンル的には「大河アニメ」に分類?されるようですが
簡単に内容を説明するなら「和製ドラゴンボール」と言ったら分かると思います。
(もちろん、ドラゴンボールも和製ですけど)

ドラゴンボールでは、悟空とブルマがドラゴンボールを7つ集める大冒険に出掛ける
といった日本人には人気のあったエピソードを日本の時代劇風に仕立てた感じで

世間知らずの武闘家「鑢七花(やすり しちか)」と、
幕府から刀狩りを依頼された「とがめ」が協力して12本のカタナを集めます。

私が見た感想は、「田村ゆかり」の声で満足したの一言です!「ちぇりお!」


西尾維新アニメプロジェクト
刀語 (カタナガタリ) - 第1話

刀語 (カタナガタリ) - 第1話

刀語 - 西尾維新アニメプロジェクト
刀語 (カタナガタリ) - 第1話
(ココのトップ画はアクセスの度にランダムで変化)

刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)
(2007/01/10)
西尾 維新

商品詳細を見る


刀語 (カタナガタリ) - 第1話
その昔、戦乱時代に無手で相手を倒し最強を誇った剣法があった。

100年以上も続く将軍家が天下を治めていた。
そこに奥州・飛弾鷹比の反乱があり、
無手最強の虚刀流六代目「鑢六枝」が単身で城に攻め上り、その反乱を鎮める。
その強さを恐れた将軍は「鑢」一家を島流しにして幽閉する。

それから20年後、物語が始まる。

幽閉された島には、六枝の息子・虚刀流七代目「しちか」と、
姉「ななみ」の2人だけで暮らしていた。(1年前に父親「六枝」は死去)

そんな島に、はじめての渡島者が現れる。
六代目「六枝」を尋ねて来た少女「とがめ」。

六代目が亡くなったことを知り、虚刀流頭首である「しちか」の
チカラを測る為に斬りかかるが小石にツマズいて気絶。



投票します ランキング投票にご協力ください。
刀語 (カタナガタリ) - 第1話
家に運ばれたトガメ。そこで島に来た理由を話す。

その理由は、戦国時代に名を馳せた刀鍛冶師「四季崎(しきざき)」。
そのカタナを多く所持しているモノが天下を治めると言われていた。

将軍時代になっても、そのカタナのチカラを恐れた将軍は
刀狩を行ない1000本もの内、988本は収集できたが、
残りの12本は所在は分かっていながら集めることができなかった。

刀語 (カタナガタリ) - 第1話
その訳は、残り12本はキワモノであり、名刀、妖刀以上の存在。
過去にも将軍の命で入手できたが、その魅力に呑み込まれ
入手した本人が、そのまま持ち逃げしてしまうほど。

トガメも過去に忍者を雇ってカタナを入手できたが、そのまま忍者は持ち逃げされた経験があった。
その為、無手である虚刀流ならばカタナの魅力に呑み込まれれず、
かつ、カタナを収集するには十分なほどの実力を見込んでのトガメの考え。



理由をある程度、説明した頃合に、
外から、何者かによって手裏剣が投げ込まれる。

家が破壊されたことに腹を立てたシチカは犯人の跡を追う。

(記事は「その2」へ続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:刀語(カタナガタリ) - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atoniwota.blog73.fc2.com/tb.php/1990-e403f2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。