アニヲタ魂:TOPページへ

ようこそ!サンクチュアリへ

「アニメは4話見てから評価すべし!」が私の座右の銘。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投票します ランキング投票にご協力ください。
宙のまにまに0708

第1話「天文部へようこそ!」

「アフタヌーン」で連載しているマンガだそうです。
どちらかと言えば「おおきく振りかぶって」の
2期の方を期待している人が多いかと思いますが。。。

あああぁぁぁっ!ムカツク!!(`Д´)ノ
この前のサーバメンテから、チョットしたことで、
「アクセスが集中してます」ってエラー出て、
せっかく書いたブログが登録できずに消えた!!
ってコトで!同じ記事を2度 書くこととなりました (T_T)
私の1時間を返せ!もう、2度目なので適当にします。

宙のまにまに

宙のまにまに0708
数年振りに、幼少時代に育った街に帰ってきた主人公「大八木 朔」。
通称「サクちゃん」

サクは、この街に戻ってきたくなかった。
小さい時に大好きな本が読みたいのに、
1つ年上の幼馴染の女の子に、本を人質にとられ、
連日、イヤイヤ遊びに連れられたトラウマがあるからだ。
それに加え、女の子が木から落ちそうなところを
助けようとして腕を骨折したのである。
その後、すぐに別の街に引っ越した。

サクの高校の初登校の日。
校舎上から、星型の紙吹雪が降り注いだ。

その犯人は、天文部の2年生「明野 美星」。

サクは、ミホシの顔を見て、思わず「ミーちゃん」と叫んでします。
それを聞いたミホシは「サクちゃん」と言い返します。

そう、サクのトラウマの女の子が「ミーちゃん」ことミホシだったのです。
恐怖を感じ、思わず逃げるサク。 その後をミホシが追いかけます。

ミホシ役(伊藤かな恵)の声、どこかで聞いたことあると思ったら「しゅごキャラ」の「あむ」ちゃん。
今期、始まった「大正野球娘。」の主人公「小梅」と同じです。今年、注目の声優さん?
サク役(前野智昭)の声は、「ギャグマンガ日和」の声に似ていると思ったのでしたが
ぜんぜん、違うみたいです(^^;;A



投票します ランキング投票にご協力ください。
 
宙のまにまに0708
ミホシに捕まったサク。
天文部に強引に勧誘しようとしますが、
騒ぎを聞きつけた生徒会が来たので解放されます。

休み時間ごとに、ミホシがサクの教室に押し掛けますが、
サクはチャイムと同時に教室から出るのでみつかりません。

宙のまにまに0708
とうとう、隠れていた図書室でミホシに見つかるサク。
楽しかった昔を思い出してとミホシも言われますが、
トラウマでしかない思い出の為、逆ギレして思わず、
引越しの時に見送りに来なかった寂しいかった本音をブツけてしまいます。

突然、泣き出すミホシ。
ミホシは、木から落ちて入院し、退院したらサクがいなかったと言う。
サクは入院してたことを知ろうともせず、
今まで裏切られたと思い込んで逆恨みしていたコトを反省する。

泣き止まないミホシの問いかけに、
「ハイハイ」と なだめるように返事をするサク。
その中に天文部に入部することも含まれてて、
半強制的に天文部の入部が決まった!!

宙のまにまに0708
天文部にサクが入部しても、メンバーは4人。
5人いなければ、”部”として認められない為、廃部寸前。
5人目獲得に勧誘活動を行います。

生徒会長の「琴塚 文江」。
通称「フーミン」がなかなか味のあるキャラでした。

さてさて、5人目は入部するのか?
次回に続きます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:宙のまにまに - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atoniwota.blog73.fc2.com/tb.php/1556-053f2404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。